失敗しない病院開業

医者

広範な分野をサポート

一部の地域では深刻な医師不足が問題になっている一方、経営難で事業規模の縮小や閉鎖に追い込まれる医療機関も少なくない現状があります。独立開業は医師の目標のひとつですが、もはや開業すれば安泰とは言えない時代になっています。世界にも例のない少子高齢化で医療を取り巻く環境が激変する中、対応を誤ると経営に悪影響を及ぼす可能性も考えられます。時代の変化に即応するためにも、医療経営コンサルティングは大きな役割を果たします。開業医は医師として医療行為に力を注ぐ必要があるだけでなく、経理処理や税務申告を疎かにすることができません。またスタッフの採用や指導、集客のための医療広告、医療機器や設備の入れ替えなど、こなすべき仕事は多岐にわたります。組織の規模が大きくなれば、人員配置や経営計画の効率化も欠かせなくなります。すべての分野に精通することは困難ですが、信頼できるコンサルティングサービスに依頼すれば、各分野のプロにアドバイスを受けることができます。資金に一定の余裕があるなら、独立開業する前に、医院の設計や立地場所選びからコンサルティングを受けるのもひとつの方法です。より収益性の高い経営手法を、最初から身につけられるでしょう。ある程度の経営経験がある方は、コンサルティング会社の開催するセミナーに参加し、方法論に納得してから契約を結ぶのも悪くありません。各種出版物なども参考にして、実績のある業者を選んでください。