二つの管理システム

タブレット

CRMシステムとの連動

POSシステムで顧客管理を行う事が多くなっています。飲食店などでは予約システムとの連動を実現させることによりチェーン店の他の店舗の予約状況を確認して誘導することができたり、他の店舗への来店でも情報を共有することで顧客サービスの向上を実現させることができるようになります。しかしすでにCRMシステムを導入している場合、これとの連動を図る必要性があります。POSシステムが、レジスターをベースに顧客管理を行うシステムに対してCRMシステムは、コールセンターや、インターネット通販での販売やメールやダイレクトメールの反響などのすべての顧客に関する情報が連携されています。両方とも便利なツールなのですが、この2つのツールが連動していないと、利便性は格段に悪くなります。そのため、システム連携を図る必要があるのです。設計段階で二つのシステムの連動を設計している場合には、問題なのですが、連動を新たにする場合、費用が掛かります。POSシステムのデータをCRMシステムに反映させることが一般的なのですが、同期を一定間隔で行うなどが必要になります。そのため、POSシステムをメインツールとして顧客管理を行う場合には、システム同期の問題を事前に解決しておくことが大事なポイントになります。顧客管理は、セキュリティ上の観点でも重要な位置づけになっていますので、連動させる仕組みもこれに準じた形で進めることが大事なポイントになるのです。