タブレット

二つの管理システム

POSを利用した顧客管理システムは、利便性が高く顧客サービス向上のためにも必要不可欠になっています。しかしすでにCRMシステムを導入している場合、このシステムとの連動も考慮しなければならないことに注意しなければなりません。

店の規模と将来性を考える

タブレット

自分のお店に合っているか

最近では、個人商店などで導入も増えてきたipad型のposレジですが、これらを導入しようと考えている場合、様々な点について考慮する必要があります。まず、ipad型のposレジは導入費用などの初期コストを抑えることができる特徴がありますが、機能が制限されているものもあります。自分の店舗にどういった機能が必要か予め考えておくことが重要です。しかし、ipad型のposレジの場合、拡張性があるのが大半なので、後々機能を付け加えることも可能です。次に、使いやすさを考慮する必要があります。自分だけが使うのであれば、好きなように機能を組み込むこともできますが、ipad型のposレジの場合、お客様に画面を見せることも多くなるので、インターフェイスなどを見やすくすることも考える必要があります。そして、ipad型のタブレット系posレジの場合、運用と保守が重要になってきます。運用自体は使っていれば慣れてくることが多いですが、保守の場合、レンタルしている企業や購入した企業に保守費用をしっかりと聞いておくことが重要になります。posレジは精密機械になるので、不具合などを感じたらすぐにメーカーや企業に連絡することが大事です。posレジを導入するまでに様々なことを考慮しなければなりませんが、自分のお店に合ったposレジを導入することによって、お店の利益や生産性が向上し、経営戦略が立てやすくなるので、導入する際はしっかりと考えることが大切です。

医者

失敗しない病院開業

医療経営コンサルティングを利用すれば、医療機関の経理や財務はもちろん、スタッフの配置や広告、機器の導入から組織の効率化まで、幅広い分野でプロのサポートを受けられます。開業時からコンサルティングを受ける方法もあります。

オフィス

海外進出に役立つ必要知識

インドネシアで会社設立をする時、ネガティブリストに該当するかどうか調べます。小売業などは規制を受けますが、申告の仕方で設立することができます。売り場面積の大きさによっても規制がゆるくなります。外資法人か内資法人かによっても準備する資金が違ってきます。現地の事情に詳しいコンサルタント会社を探します。